社会的信用の高い人とは

これから低金利カードローンの利用を検討している人であれば低金利カードローンの審査が比較的厳しめであるということは聞いたことがある人も多いと思います。

なかには自分はそんなに高収入ではないから審査が厳しいのであれば自分の場合は無理だろうと諦めてしまっている人もいるかもしれませんね。

しかし、低金利カードローンの審査が厳しいと言ってもかなりの高年収でなければ審査に通らないというわけではありません。年収は200万円以上あればじゅうぶんに審査に通る見込みがあります。

もちろんカードローンの審査は年収だけではなくいろいろな項目をチェックされた上で判断されることになります。

いろいろな項目をチェックして社会的信用が高いと判断されれば審査を通過することが出来るわけですが、これからカードローンに申し込むという人はどのような人が社会的信用の高い人と判断されるのかを知っておくと良いでしょう。

まず、基本となるのが安定した収入がある人ということだと思います。安定した収入であるのかをチェックする際に注目されるのが勤続年数です。

勤続年数が長ければ長いほど仕事をやめて収入源がなくなってしまうというリスクも低いと判断されて安定していると見なされます。

この他にも、過去の借り入れ状況に問題がない人なども信用が高いと判断されます。

これらの他にもいろいろとチェックすることによって社会的信用があるかどうかが判断されるのですが、一つ一つを見てみるとそこまで難しいものではないことが分かると思います。

細かい点に関しては、こちらの《銀行でお金を借りる》を参考にしてみて下さい。

お金を借りる方法について細かく説明していますよ!

低金利カードローンの審査に通らない人の特徴とは

現在、カードローンを利用しようとしていて低金利カードローンのサービスを扱っている業者をチェックしている人もたくさんいると思います。

低金利カードローンをするとなると金利が高めの業者と比較すれば審査は厳しめになってしまいます。

とりあえず、低金利カードローンに申し込んでダメなら他の業者を探してみようと考えている人もいるかもしれませんが、しかし、カードローンの審査に落ちてしまうと、審査に落ちたことが信用情報に記録として残ってしまい、複数審査に落ちているとその後のローン審査に通らなくなってしまうので、自分は審査に通る見込みがあるのかどうかをある程度把握した上で審査を受けてみるべきだと思います。

低金利カードローンに受けるかどうかは社会的信頼度が高いかどうかによって判断されます。よって、審査になかなか通らない人というのは、社会的信頼度が低いと判断される人であるということになります。

具体的にどのような人が社会的信頼度が低いと判断されてしまうかというと、現在多額の借金がある人や、過去に借金した経験があってその返済時に何らかの問題があったという人は、信頼度がかなり低いと判断されるでしょう。

また収入が不安定だという人や、転職が多く現在の職場での勤続年数が短いという人も信頼度は低くなってしまいます。

このように信頼度が低いと判断されてしまうと審査に通ることが難しくなるので、改善出来る点は改善した上で申し込むようにしましょう。